忘れたくない。その時々に起こったこと、 思ったこと、感じたこと、考えたこと。


by pennta12

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あるお話①

ワタミの渡辺美樹社長のセミナーで行われたお話だそうです。
講演者は渡辺さんです。

「私はカンボジアで小学校建設を行っています。
完成した学校には多くの子供たちが通っていますが、満足に食事をとれない子供たちがほとんどで、勉強するどころではない状況です。

そこで一時間目の前に給食を支給するようになりました。

ある学校にいったときに、給食をみんなが食べ初めても一口も食べない子供がいました。
何人かが食べ終えて立ち上がる頃にその少女はビニール袋をとりだし、給食をなかに全部いれました。

私が校長先生に事情を聞くと
『彼女は病気で働けない母親と二人の姉妹と暮らしています。給食をもちかえって一緒に食べます。なので彼女は一時間目は欠席です。』と。

私は自分もおなかがすいているのに、家に持ち帰って家族と一緒にたべる優しい少女に感動しました。しかしもっと驚いたのは、少女の周りにすわってた子供たちが自分たちのぶんを少し残し、少女がビニール袋にいれるときに一緒にいれたことです。

一日一食しかとることができない子供たちなのに…。と私は感じました。」


そしてこの話を本にかた著者が
「日本では食べ物があることが当たり前という感覚のため、この幸せに気づかないことがよくあります。水の中の魚は水の外に出て初めて、水の大切さを知ります。気づいたときには魚は死んでしまいます。自分の周りのあたりまえの幸せに気づくことが大切だとおもいます。」

ってありました。

たしかにそうですよね。自分の周りにはちゃんと寝る場所もある、電気もガスも水道もある。勉強する机だってあるし、音楽をきくためのプレイヤーもある。
でもそれって本当に幸せなことなんだよね。

魚は気づいたときに死んじゃうけど、俺らは気づいたときから生きるんだとおもう。
そこまでは本当の意味で生きてないんじゃないかな。俺は人のために生活を送れるようになったら、それを本当に生きている・人生を送ってるってことだとおもうからさ。

あとカンボジアの子供たち。
周りの人がこまってたら自分のぶんをあげてでもそれを救いたい・助けたい。って心。
それを俺らがなくしちゃだめだよね。



自分、最近コンビにでおつり募金を少し始めましたー。
[PR]
by pennta12 | 2008-09-25 01:34

地元

自分東京で一人暮らししてます。

でも9月4日~9月7日まで帰省しました。

塾での友達、中学校の友達と飲みましたが、ある友達が言ってました。

「大学の友達が一番楽しい」って。

理由は小・中は家が近い人がたまたまあつまった寄せ集め。
高校はある程度頭が似てる人たちがあつまるけど、
大学はより考え方が近い人、興味あることが同じ人があつまる。だからすごい気があうし、話もあうから楽しいってこと。


まぁたしかにそうかもしれないけどここで、

やっぱならなおさら小中高の友達を大切にしなきゃなって思った。

大学の友達ばかりとつるんじゃうと、周りが見えなくなっちゃう、全然違う考えをもった人の存在を忘れてしまう。固定観念にどんどんはまっていってしまうっておもったんだよね。


だから小中高の友達との関係はきりたくないし、きったらいけないと思う。


あと単純に地元はいいです。夜居酒屋は1時とかにはしまっちゃってカラオケは3時とかにしまっちゃうからみんなセブンの横で野宿ですよ。東京じゃできない。
すげぇいい時間をすごせるなって。

そんな感じです。
[PR]
by pennta12 | 2008-09-07 21:02